歯医者へ行きづらくなった方へ|筑後・八女の歯医者

歯医者へ行きづらくなった方へ

  • ホーム  >  
  • 歯医者へ行きづらくなった方へ


hard

治療途中だけど通院をやめてしまった」なんてことはありませんか? 治療中の歯はそのまま放っておいてもよいことはありません。筑後市・八女市の歯医者「よしいずみ歯科」では、治療を中断した箇所の治療も行っています。当院だけでなく他院で治療途中の歯にも対応していますのでお気軽にご来院ください。

歯の治療中断!よくある5つのトラブルとは?

歯の治療中断!よくある5つのトラブルとは?

通院の過程で痛みなどの症状がなくなっても、必ずしも完治したわけではありません。治療途中の歯はそのまま自然に治ることはなく、じわじわと悪化していきます。今は何も症状がなくてもやがて強い痛みが出てくることもあるでしょう。以下では治療中断によって起こりやすい5つのトラブルをご紹介します。

歯の神経を取ったまま放置

歯の神経を取る歯の根の治療では、神経を取った箇所に薬剤を詰めて仮の詰め物を被せています。詰めた薬剤の効果は限定的であり、薬剤の効き目がなくなると細菌の再感染の恐れがあります。また、仮の詰め物のすき間から細菌が侵入して感染してしまうこともあるのです。しかも、歯の神経を取っているため痛みを感じることがなく、悪化していることに気づかず最悪の場合、抜歯になることもあります。

仮歯のまま放置

仮歯はプラスチック状の樹脂でできており、材質的に一時的に使用するためのものであり、長期間の耐久性はありません。時間の経過とともにすり減ってしまい、細菌が侵入しやすい状態になります。また、仮歯がすり減ることで歯が倒れたり、移動したりすることで、再治療をする際にまた大掛かりな治療が必要になることもあるのです。

型取りをした後に放置

歯は毎日使用するため、使っているうちに微妙に咬み合わせや歯の形が変わっていきます。そのため、歯型を取った後に期間をあけずに被せ物や詰め物を入れないと、上手く適合しなくなってしまいます。時間をおいてしまうと調整に時間がかかったり、作り直しになったりすることがあります。

薬でむし歯を埋めたままの放置

痛みなどの症状があるむし歯の場合、いきなり治療せずいったん歯の神経を鎮静する薬を注入して、後日改めて治療をすることがあります。薬の鎮静効果により痛みがなくなるため、そのままにしてしまう患者さんがいらっしゃいますが、症状が改善するのは一時的なものです。薬の鎮静効果がなくなればまた強く痛みだし、さらにむし歯は悪化していくことに。また、仮の詰め物・被せ物はしだいにすり減ってしまい、きちんと機能を果たせなくなります。

応急処置したまま放置

親知らずが腫れた時などは応急処置として消毒をしたり、膿を出すために歯ぐきを切開したりすることがあります。このような応急処置は一時的に症状が改善しますが、原因となる汚れや細菌は取り除けていません。そのまま放置しておくと必ずまた症状が起こり、応急処置を繰り返していると、状態はますます悪化してしまいます。

治療中の歯はそのまま放っておいてもよいことはありません。放っておくと、もう歯を抜くしかないほど悪い状態になってしまったり、周囲の歯にも悪い影響を及ぼしたりすることもあるのです。そうならないように、治療途中の歯はそのままにせず早めに受診しましょう。

歯医者に行きにくい……

「治療を中断してしまったから、気まずくて歯医者に行けない……」と悩まれている方もいらっしゃると思います。大事な予定が入ってしまった、忙しくて行く時間がなかったなど、やむを得ない事情や何らかの理由で、治療を中断してしまうこともあるでしょう。

しかし中断してそのままにしていると、さらに歯の状態は悪くなり、患者さんご自身の健康を害することになります。お口の中の状態をこれ以上悪化させないために、早めの受診をおすすめします。当院では治療を中断していたからといって、それを指摘したりすることはありません。治療中断についてはどうぞ気になさらず、お気軽にご来院ください。

トップに戻る