院内感染対策|筑後・八女の歯医者

院内感染対策


CONTROL

すべての患者さんに安心してご来院いただけるよう、筑後市・八女市の歯医者「よしいずみ歯科」では、万全の院内感染防止対策を図っています。治療に使う器具などを滅菌処理する高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)、口腔外バキュームなどを導入し、スタッフ一同、マスク着用・手洗いの徹底などを徹底しています。こちらのページでは、当院が行っている取り組みについてご紹介します。

当院の取り組み

当院の取り組み

当院では、患者さんごとに物品や治療器具を使い捨てにしています。使い捨てができない治療器具に関しては徹底した洗浄・滅菌・消毒に努めています。

安心・安全の滅菌と消毒

使い捨てができない治療器具については、患者さんごとに洗浄・滅菌処理を行い、滅菌パック。滅菌パックは使用する直前に、開封して使用します。洗浄・滅菌処理ができない物に関しては、消毒液で噴き上げています。

洗浄 治療で使用した器具は、スタッフが手作業でアルカリ電解水や酸性電解水を用いた洗浄を行い、超音波洗浄機にかけます。歯を削る切削器具は先端だけでなく、切削器具本体(タービン)まで取り外して洗浄します。
滅菌 洗浄後の器具は高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)に入れて滅菌し、すべての細菌やウイルスを死滅させます。熱に弱い器具についてはガス滅菌器を用います。
消毒 患者さんが座るユニットやユニット周りは、酸性電解水や消毒用アルコール液で丁寧に拭き上げます。また、大がかりな検査機器や治療機械など、洗浄ができない物は必ずビニールをかぶせ患者さんごとに取り替えています。

こうした処理は非常に手間もコストもかかる作業ですが、使用済みの器具を滅菌せずに使い回してしまうと次に使用する患者さんに細菌やウイルスを感染させてしまうリスクがあるため、洗浄・滅菌・消毒処理は欠かせないのです。当院では、患者さんの安全を最優先に考えるため努力を惜しまず、徹底した洗浄・滅菌・消毒に取り組んでいます。

患者さんごとに使い捨て・交換

当院では以下の製品を使い捨てにしており、患者さんごとに新しい物を用意し、使用後は廃棄しています。

紙コップ、エプロン グローブ(治療用手袋)・マスク
コップやエプロン、拭き取りの紙ナプキンなど、患者さんに直接口に触れるものは、患者さんごとに使い捨てしています。 医療スタッフが使用するグローブ・マスクは、患者さんごとにつけ替えています。使用済みのグローブ・マスクは廃棄します。
タオル スリッパ
顔や胸元に置くタオルは、患者さんごとに必ず交換しています。 スリッパは滅菌機に入れ、紫外線で強力に殺菌します。いつでも殺菌済みの清潔なスリッパをご使用いただけます。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

清潔でクリーンな歯科医院だから安心

清潔でクリーンな歯科医院だから安心

清潔で安全な環境を整えることは歯科診療の基本であり、もっとも重要なことです。当院では、患者さんに使用する治療器具や物品などを洗浄・滅菌・消毒処理あるいは使い捨て・交換を徹底して行うとともに、院内全体もクリーンな環境に整えるよう努めています。

院内には空気清浄器を導入して、空気中の細菌・ウィルス・花粉などを除去。治療中には、空気中に血液やだ液など感染源となる物質が飛び散り浮遊しないよう、口腔外バキュームで吸引しています。さらに、病院特有の臭いをできる限り抑え、リラックスして治療をお受けいただける院内環境をめざしています。今後も当院は、清潔でクリーンな環境を保てるよう、努力を続けてまいります。

トップに戻る